最近のトラックバック

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ

« 黒酢のふる里福山町へ | トップページ | 廃線宮之城線を行く(1) »

2014年10月19日 (日)

湯治記―宮之城温泉

2014年10月15日から4日間、鹿児島県の宮之城温泉へイカロスⅡを伴って湯治に出かけた。1971年3月に友人2人と連れだってここを訪れ、宿の夕食のシシ鍋に感激し、翌朝も特注で食べた思い出がある。1972年の大水害で多くの旅館が流され、また1987年には国鉄宮之城線も廃止となって、現在温泉旅館は7軒が営業しているに過ぎない鄙びた温泉地だ。
今回世話になったのが「ちさと旅館」。本館(建物は古く共同トイレ)と別館(新しく各部屋トイレ付き)があり、前日予約のため本館2泊、別館1泊となった。学生の合宿や長期滞在者の受け入れが多く、料金は1泊2食でどちらでも6,040円、しかも料理の品数も多い。主人夫婦は気が良く、快適に過ごさせてもらった。
1
本館とイカロスⅡ
2 本館の風呂:宿泊客専用なのでゆったり落ち付いて入れる。泉質は単純硫黄泉、源泉は52℃だそうだが、浴槽は42℃に調整され、源泉かけ流し。
3
別館は本館のすぐ裏。新しいだけあって設備も良い。但し食事は本館で摂る(徒歩2分、ここは風呂に入って寝るだけ)。
4 別館の風呂:やや狭く、温度は本館より高め、熱い風呂好きの猫氏にはもってこい。こちらは日帰り入浴を受けているので込み合っているし、夜10時には仕舞うので、湯治中日に3度入浴する猫氏は本館まで出かけることに。

« 黒酢のふる里福山町へ | トップページ | 廃線宮之城線を行く(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 湯治記―宮之城温泉:

« 黒酢のふる里福山町へ | トップページ | 廃線宮之城線を行く(1) »